いつでもどこでも短時間で学習できる!

通学する機会が少なく、自宅や出先でのスキマ時間にサクッと勉強しながら大学を卒業できるのが通信制大学の魅力です。入学試験を実施していない大学も多いので、年齢など一定の要件を満たしていればどんな人でも入学することができます。日中は仕事をしていて大学で勉強をしている暇なんてないという人でも、通信制大学なら問題なく単位を修得できるのです。時間の制約が少ない反面、通信制大学では勉強に対するモチベーションが求められます。なぜなら他人の目が届かない場所での自主学習が基本となるためです。とはいっても近年の通信制大学では、10分や15分という短時間で学習できるWeb動画で講義を行うケースが多いので、モチベーションが維持できるか不安を抱えている人でも安心して勉強に取り組めます。

スクーリングがない大学を選ぶという手も!

通信制は通学制と比較するとほとんど大学へ通う必要はありませんが、それでも年に数回はスクーリングで対面授業を受けなければいけません。スクーリングが実施される会場によっては拘束時間が長くなり、負担を感じてしまうこともあるでしょう。そんな人におすすめなのが、対面によるスクーリングを実施していない通信制大学です。インターネット上でスクーリングと同等の授業を受けられるようになっており、一度も通学せずに大学を卒業することが可能となっています。インターネットにおけるスクーリングを取り入れている通信制大学はまだ一部ではあるものの、今後増えていくことが予想されているので、一切時間に縛られずに大学を卒業したいと考えている人は検討してみてはいかがでしょうか。

日本では1940年代後半に初めて通信の大学が登場したとされています。やがて2000年代にインターネットが広く普及した影響を受けて大学の数が増加していくことになりました。